社 名
富士メディック日本株式会社

本社所在地
〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目17番17号 FINEビル 4F

代表者
代表取締役社長 前澤 麗加

事業内容
家庭用健康関連機器の企画・製造・販売 

設 立
2012 年 10 月5日

資本金
30,000,000円

主要取引銀行
三菱東京UFJ銀行 / 大森支店

株 主
奥佳华智能健康科技集团股份有限公司 (51%)
富士メディック株式会社 (49%)

主要取引先
奥佳华智能健康科技集团股份有限公司
富士麗佳医療器有限公司(上海)
株式会社マルタカテクノ

お問い合わせ
TEL : 03-6404-6086 (代表) FAX : 03-6404-6085
Mail : h.takano@fujimedic.jp



エスパル日本販売会社
富士メディック日本株式会社は世界最大の健康家電企業「エスパル社」の
日本販売会社「エスパル・ジャパン」です。

エスパル社について
★家庭用マッサージ器(年間売上世界No.1) 
★健康家電の輸出額(連続中国No.1) 
★中国のマッサージ業界で最初に上場したカンパニー 
★本社はアモイにあります。アモイ、漳州、深圳、香港、アメリカ、日本などに10社の全額出資と持株会社が有ります。従業員約10,000人 
★主にマッサージ家電の設計、研究開発、生産と販売を行います。世界最大の健康家電産業グループです。

生産・開発拠点
[ 本部・販売センター ]
本部と販売センターはアモイの本社にあります。会社の運営と企業戦略の立案を行います。
[ 同安生産開発拠点 ]
同安工場は主にマッサージチェア椅子製品の生産と研究開発を行います。高度な生産技術と厳格な品質管理を行います。
[ 漳州生産開発拠点 ]
漳州は小物と椅子製品の大きな生産拠点です。研究開発部門と実験室を持ち、一貫した生産、研究、開発、販売組織を持っています。
[ 深圳生産開発拠点 ]
深圳は小物家電の生産拠点です。研究開発部門と実験室あり、一貫した生産、研究、開発、販売組織を持っています。

主な世界展開ブランド





沿 革
1996
[富士メディック日本株式会社]
経済発展が始まった中国市場へ株式会社フジ医療器の高級マッサー ジチェアーをいち早く輸出する事業を開始。

2003
株式会社フジ医療器と中国上海に合弁会社・富士麗佳医療器(上海)貿易有限公司を設立。

2008
富士メディック株式会社を東京に設立。

2011
株式会社フジ医療器が富士麗佳医療器有限公司から撤退。

2012
中国の上場会社・奥佳华智能健康科技集团股份有限公司と富士メディック株式会社が合弁会社を設立。社名を「富士メディック日本株式会社」とする。


沿 革

1996
[奥佳华智能健康科技集团股份有限公司]
※旧社名:厦門蒙发利科技集団股份有限公司
中国厦門に生産工場。

2006
年商1億ドル達成。
以来、健康関連商品の生産・販売において中国内No.1を維持継続する。

2011
深圳株式市場に上場。年商約3億ドル。

2017
社名を「厦門蒙发利科技集団股份有限公司」から「奥佳华智能健康科技集团股份有限公司」に変更